栃木市|特集『今日もカフェめぐり』|2015.01月号掲載

soboku1

季節を感じる体にやさしいごはんとスイーツを味わえる自然派カフェ。

日差しに映える白色の外観に「soboku」の文字を掲げたシンプルな店構え。「よく通りがかりの人に“何屋さんなの?”と聞かれます」と笑顔で話すのは、この店を営む田村清子さん。マクロビオティックの法則を取り入れた、体にやさしいごはんとスイーツ、ドリンクを提供している。

soboku2「ごはんもしっかり食べられるオーガニックカフェを開きたかった」と田村さんが話す通り、メニューには季節の食材を使った一汁五菜の「菜食ごはん」をはじめ、一汁三菜の「そぼくごはん」や「菜食丼」が並ぶ。内容は二十四節気に沿って替わり、その時期に体が欲する栄養をたっぷり含んだ食事をいただけるのがうれしい。

田村さんは、益子町のオーガニックレストランなどで腕を磨き、近年は同町にある、日替わりでさまざまな店が営業するコミュニティカフェに「そぼく」名義で出店。その一方で、友人や客の要望に応えて自宅で小規模の料理教室を開催し、食に対する共通の価値観を持つ人とのつながりを紡いできた。

「今度はこの店を通して自然の恵みを共有する輪を広げていきたいです。ここを気に入ってくれたお客さん同士ならきっと気が合うと思うので、そのつながりを持てるきっかけも提供できたらと思っています」と田村さん。

おいしいごはんに、温かな人とのつながり。日常に何か足りないと感じている人に、ぜひ足を運んでほしい。

sobokusoboku organic & natural foods ソボク
栃木市|特集『今日もカフェめぐり』|2015.01月号掲載
住:栃木市城内町2-21-22
電:0282-25-6119
営:11:00〜17:00(16:00LO)
休:日曜、第1・3月曜日、12/28〜1/5
駐:6台
HP:soboku.info

※月刊ツインへの掲載から期間が経っている記事につきましては、内容が変更になっている場合がございます。