塩谷町|特集『隠れた自然体験の宝庫 塩谷町』|2015.07月号掲載

kazedayori1

誰もが心地良く過ごせて自然に笑顔になれる場所。

尚仁沢湧水の水汲み場がある「尚仁沢はーとらんど」より「土上平放牧場」方面へ約3㎞。所々に立てられた看板を頼りに山道を進んでたどり着いたのは、緑いっぱいの中に花が咲き誇る広大な庭とログハウス、そしてミニ鉄道が走るこちら。その名も「バリアフリー鉄道農園 風だより」は、子供も大人も障がい者もみんなが快適に過ごせるよう配慮された、テーマパークのようなカフェレストランだ。

kazedayori2この店の象徴ともいえる、ログハウスの周りを走るミニ鉄道は、車椅子専用特別車が取り付けられており、障がい者も利用しやすいのが魅力。もともと鉄道が好きだったオーナーの水野雅章さんが「自然の中に車椅子専用特別車をつけたミニ鉄道を走らせ、お年寄りや身体の不自由な人たちに車椅子のまま乗車して楽しんでもらいたい」という思いを抱いたことが、この店を開くきっかけになったとか。

高原山の美しい景色や尚仁沢湧水など塩谷町の自然に惚れ込み、会社を早期退職して東京から移住。3年ほどかけて準備し、2006年4月に開業した。

車椅子が入りやすい造りの店内やテラスでは、自然の恵みいっぱいの食材と高原山伏流水を使用した手作りの食事やスイーツが味わえる。特に妻・信子さんが作るチーズケーキは、濃厚でありながら後味がさっぱりでおいしいと評判。

食事の後は、周りの雄大な自然を借景とした美しい庭を散歩して心豊かな時間を過ごして。

kazedayoriバリアフリー鉄道農園 風だより
塩谷町|特集『隠れた自然体験の宝庫 塩谷町』|2015.07月号掲載
住:塩谷町上寺島1529-5
電:0287-41-1058
営:10:00〜17:00
休:月・火曜
駐:10台
HP:kazedayori.moo.jp

※月刊ツインへの掲載から期間が経っている記事につきましては、内容が変更になっている場合がございます。