塩谷町|特集『隠れた自然体験の宝庫 塩谷町』|2015.07月号掲載

shigen1

兄弟が織り成す繊細な味ともてなし。やすらぎに満たされる一食を。

shigen2和のもてなしに加えてイタリアンを取り入れたメニューも期待できる「ほたるの里の食彩処 思源」。こちらは、もともと日本料理の板前として働いていた兄・福田学さんと、イタリアンの店で経験を積んだ弟・福田大輔さんが兄弟で切り盛りしている。互いに異なるジャンルで「食」を学んだ二人だが、生まれ故郷の塩谷町の人々に、料理で恩返しをしたいとの思いで一緒に店を開いたのだそう。

店のコンセプトである「くつろぎ」に合わせ、「時間を忘れてゆったりとした時間を過ごしていただきたいので時計はすべて隠しています」と、こだわりを教えてくれた福田さん兄弟。そんな二人の気配りに心がほっこりする。

もうひとつのこだわりは、新鮮な食材を丁寧に調理すること。地元で採れた旬の野菜や山菜、良質な魚をそれぞれ適切な方法で仕上げるのはもちろん、「出汁を取る時に尚仁沢のきれいな水を使い、素材に合った煮出しをすることでよりいっそう上質なものができる」と学さんは話す。

厳選した素材の持ち味を見極め、それを最大限に生かす方法で仕上げられた料理と、福田さん兄弟の温かな心遣いで癒しのひとときを過ごして。

shigenほたるの里の食彩処 思源 しげん
塩谷町|特集『隠れた自然体験の宝庫 塩谷町』|2015.07月号掲載
住:塩谷町大字船生3148-3
電:0287-53-7280
営:11:00~14:00 17:30~21:00
休:月曜
駐:8台

※月刊ツインへの掲載から期間が経っている記事につきましては、内容が変更になっている場合がございます。