茨城県笠間市|特集『秋、ふらりと笠間歩き』|2015.10月号掲載

tounosuke1

空間の磁力に引き寄せられて 食の魅力に惹きつけられる

tounosuke2

国道50号沿い、円筒型の貯水タンクを乗せたような外観が目印の「Lunch&Cafe陶之助+(プラス)」。円筒の正体は、高さ8メートルの吹き抜けだ。扉を開けると吹き抜け下のカウンター席を囲んでテーブル席がゆったりと配置されている。

「代々笠間焼販売店を営み、15年ほど前に改装したギャラリーを、さらに6年前カフェにリニューアル。各地のカフェを見て回りましたが、どこかの真似をしてもボロが出るだけ。それならば自分が消化できるものを作ろうと壁塗りからテーブル製作まで自分自身で手がけました」とオーナー・高瀬清栄さん。数々の工夫が施された店内は、ここだけのオリジナリティーあふれる空間の磁力を感じる。

そして、驚くのが料理に素材や味わいの力強さがあること。「夫婦で調理師免許を持っているので、既製品や添加物を使わず、手づくりの味にこだわっています。販売もするドレッシングや、チリソースも手づくりです」とも。どの料理もカフェオープン時からの人気メニューで、その一つひとつに真摯な姿勢がうかがえる奥深い味だ。

向いのギャラリーでは、オリジナル食器の他に洗面ボウルが並ぶ。蛇口の位置関係やボウルの設置にはノウハウが必要で、高瀬さんのくわしいアドバイスを求め、関東近県から問い合わせがあるという。「水がはねず、手が洗いやすい」と評判だとか。

魅力あふれる空間に一度引き寄せられたら、笠間散策の折には欠かせない場所になるだろう。

tounosukeLunch&Cafe 陶之助+ ランチ&カフェ トウノスケプラス
茨城県笠間市|特集『秋、ふらりと笠間歩き』|2015.10月号掲載
住:茨城県笠間市笠間4036
電:0296-73-0577
営:11:30~16:00(15:00LO)土日祝は11:30~18:00(17:00LO)
休:金曜、第3木曜(休日の場合は営業) 駐:20台
HP:www.kasamayaki.com

※月刊ツインへの掲載から期間が経っている記事につきましては、内容が変更になっている場合がございます。