日光市|特集『ぬくもりの傍らで。薪ストーブのある風景』|2015.11月号掲載

kirifuribunko1

薪と古書の香りを感じるひととき。

kirifuribunko2日光霧降高原へと続く坂の途中でちょっと寄り道。霧降高原道路を1本外れた静かな道にある、目印「ペンション ポコアポコ」の看板の先に現れるのが「古書店図書室 霧降文庫」。たくさんの古書が揃えられた店内では、店主・富岡洋一郎さんが薪ストーブの薪をくべながら待っている。

木々に囲まれ、ひっそりとした隠れ家的な雰囲気で古書店と図書館を営むこの店には、県内外の古書ファンが集う。朝晩が冷え込んでくる10月から火を入れ始める薪ストーブは、冷えた体を温めながら本の世界へ導いてくれそうだ。

毎月、企画テーマに合わせたコーナーを設置し、本をピックアップ。高原の風を感じながら気になっていた本や初めての一冊との出合いを求めに訪れたい。

kirifuribunko古書店図書室 霧降文庫 きりふりぶんこ
日光市|特集『ぬくもりの傍らで。薪ストーブのある風景』|2015.11月号掲載
住:日光市所野1541-2546
電:0288-25-3348
営:13:00~19:00
休:月~金曜(祝日営業)※臨時休業あり、HPをチェック
駐:10台
HP:nikkosunadokei.cocolog-nifty.com

※月刊ツインへの掲載から期間が経っている記事につきましては、内容が変更になっている場合がございます。