さくら市|特集『今日もカフェめぐり』|2015.01月号掲載

noname1

「世代や職業の枠を越えた出会いの場でありたい」人との新たなつながりが生まれる場所。

さくら市喜連川の小高い丘陵地。菖蒲沢公園にほど近い集合住宅の一角にオープンした「NO NAME CAFÉ」は、さくら市出身の酒井理さん・さつきさん夫妻が営むカフェ。晴れればオレンジ色の夕陽を眺めながら、ほっとひと息つける場所に佇む。住民以外はなかなか足を踏み入れない場所にあり、初めて訪れる人は入る時に少しの勇気がいるかもしれない。しかし、開放的な入口から一歩足を踏み入れると、酒井さん夫妻が醸し出す心地よい雰囲気が訪れる人を温かく迎え入れてくれる。

noname23年前まで湘南に住んでいたという理さんは、「当時は、時間ができたら立ち寄るカフェがあって、そこに行けば仲間が集い、有意義な時間を過ごせました。ここでもいろいろな世代や職業の垣根を越えて、気軽にコミュニケーションを図れるカフェがあったら」と店をオープン。その思いが幅広い客層に伝わり、オープンして間もなく、さまざまな人に愛される場所になっている。

こちらでは「日替わりランチ(ドリンク・デザート付き/1000円)」が2種類・各20食用意される。営業時間内であれば注文が可能で遅めのランチとして利用できるのもありがたい。確実に食べたい人は予約がおすすめ。

ハンドドリップまたは、プレスのどちらか好みの方法で淹れてくれるスペシャルティコーヒー(エチオピア産)も魅力的な味わいだ。

nonamecafeNO NAME CAFE ノーネームカフェ
さくら市|特集『今日もカフェめぐり』|2015.01月号掲載
住:さくら市フィオーレ喜連川5-2-1 フィオーレガーデン1号棟106
電:028-612-8132
営:11:30~17:00
休:火曜日 ※年末年始の営業は電話で確認を
駐:5台
HP:http://nonamecafesakura.com/

※月刊ツインへの掲載から期間が経っている記事につきましては、内容が変更になっている場合がございます。